14:31 2020年10月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

シリアのアサド大統領は、通信社スプートニクのインタビューで、シリアはロシアで開発された新型コロナウイルスワクチンの供給を依頼するとし、これについてロシアと交渉することを明らかにした。ワクチンの供給量は今後、決めるという。

アサド大統領は「私が理解する限り、このワクチンはまだ国際市場で入手することはできないが、我々はシリアにワクチンを供給できる時期についてロシア当局と協議するつもりだ。これは非常に重要だ」と述べた。

アサド大統領によると、ワクチンの供給量は入手可能な量がどのくらいになるかに左右されるという。

またアサド大統領は、自分自身もロシア製ワクチンを接種したいという希望を表した。

先に、ロシア製新型コロナワクチンの初回ロットがベネズエラに到着した。ベネズエラの副大統領は、ベネズエラが西半球で初めてスプートニクVの臨床試験の第3相試験に参加する国であると強調した。

ロシアの新型コロナワクチン

ロシアは8月11日2020年、 世界で初めて新型コロナウイルスのワクチンを承認した。 ワクチンは「スプートニクV」と名付けられた。

臨床試験はロシア保健省から許可を得たガマレヤ国立疫学・ 微生物学研究センターによって6月から7月に実施された。

「スプートニクV」は、 これまでに多くのワクチンが生産されたすでに知られているプラッ トフォームを基盤につくられた。ロシア保健省によると、 これまでに実施された「スプートニクV」の接種は、最大2年間の 長期的な免疫を与えることを示している。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント