16:12 2020年10月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 50
でフォローする

日本の富士フイルム富山化学は16日、インフルエンザ治療薬である「アビガン」(一般名ファビピラビル)について、新型コロナウイルス感染症の治療薬として厚生労働省に申請したと発表した。共同通信が伝えている。

承認されれば日本国内では「レムデシビル」「デキサメタゾン」に続き3例目の新型コロナ治療薬となる。

アビガンは富山化学が開発した医薬品で、新型インフルの治療薬として既に承認を受けている。新型コロナに対しても治験を行い、症状の改善を早める一定の効果があることを確認した。

関連ニュース


経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント