20:28 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシア直接投資基金とインドの製薬会社ドクターレディーズは、インドでロシア製ワクチン「スプートニクV」の第II相及び第III相臨床試験を行う認可をインド医薬品管理局(DCGI)から得た。

インドでは安全性と免疫原性の試験を含む、多施設ランダム化比較試験 が実施される。ロシア直接投資基金が発表した。

ロシア直接投資基金とドクターレディーズは9月、パートナーシップに合意した。合意の一環として、ロシア直接投資基金はインドの規制当局の認可を取得後、「スプートニクV」1億回分をドクターレディーズに供給する。

スプートニクV」は世界で初めて認可された新型コロナワクチンで、ヒトアデノウイルスベクターをベースに開発された。

ロシア直接投資基金は、ベラルーシ、アラブ首長国連邦、ベネズエラでもパートナーと臨床試験を行っている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
インド, ロシア, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント