20:10 2020年10月20日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

ロシアは、コロナウイルスの増殖を抑える独自の薬剤を開発している。ロシア保健省のアレルギー専門医及び免疫学者で、ロシア科学アカデミー正会員のラヒム・ハイトフ氏が明らかにした。

ハイトフ氏によると、ロシアの学者たちは狙いを定めてウイルスの増殖を抑える方法を開発した。同氏は、世界に類のないこの薬剤はすでに前臨床試験の段階にあると指摘した。

この薬剤は、コロナウイルスの増殖をつかさどる「遺伝子に確実に打撃を与える」という。

なお、ロシアはコロナウイルスに対するワクチンをすでに3つ開発している。8月15日には最初のワクチン「スプートニクV」が、10月14日には2番目のワクチン「エピバクコロナ」が承認され、3番目のワクチンは試験の段階にある。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
医療, ロシア, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント