03:48 2020年11月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 44
でフォローする

全ての国にCOVID-19のワクチンの供給を保障する国際メカニズムCOVAXに、10月19日の時点で世界184か国からの参加署名が集まった。同日、世界保健機関(WHO)のテドロス・アダノム事務局長がジュネーブで行ったブリーフィングが発表した。

アダノム事務局長によれば、週末の2日でCOVAXにはエクアドルとウルグアイの2国が参加を表明した。

COVAX創設の目的は、コロナウイルスのワクチンが製造された場合、世界中の国に公平な供給を保障するにある。アダノム事務局長は、COVAXのイニシアチブは潜在的なコロナウイルスのワクチンの最大のポートフォリオを有しており、安全で効果の高いワクチンへのアクセスを得る最大限有効な方法を保障するものと説明している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, WHO
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント