20:50 2020年11月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 12
でフォローする

ロシアのセルゲイ・ラブロス外相が、新型コロナウイルスの感染者と接触があったことから自己隔離に入った。すでに予定されていた訪問や会合は延期されることとなる。

ロシア外務省の情報・報道局は同外相の体調に問題はないと発表した。

4月にロシアのミハイル・ミシュスティン首相が新型コロナウイルスに感染し、完治するまでの間、自己隔離を行った。またドミトリー・ペスコフ大統領報道官とその配偶者も新型コロナウイルスに感染、完治している

同様に、10月のはじめ、米国のドナルド・トランプ大統領とその配偶者が新型コロナウイルスに感染したことが報じられた。トランプ大統領は入院したが、すぐに退院となった。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
セルゲイ・ラブロフ, ロシア, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント