20:54 2020年11月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

英国のウィリアム王子が4月に新型コロナウイルスに感染していたが、英国市民に「心配をかけたくなかった」として、この事実を公表していなかったことが判った。英大衆紙「サン」が、王室に近い情報筋からの話として報じた。

ウィリアム王子がコロナウイルスに感染したのは、父親であるチャールズ皇太子と英国のボリス・ジョンソン首相の感染が確認された直後。

陽性判定を受けてウィリアム王子は、政府のガイドラインに従い、東部ノーフォーク州のアンマーホール邸で自主隔離した。情報筋によれば、ウィリアム王子の病状は重く、呼吸をするのもつらいときがあり、周囲の者はかなり心配したという。

陽性判定後、ウィリアム王子は自らの義務を果たすという強い意思を持って、定められた通りに隔離措置を取ったとのこと。

報道によれば、ウィリアム王子はその後7日間、公務を取りやめたが、4月16日にはバーミンガムの「NHSナイチンゲール」病院の開設式典にリモートで出席した。

英国では感染拡大が再び激しさを増しており、死亡例が多発している。ジョンソン首相は11月5日から12月2日にかけて再びロックダウン(都市封鎖)を実施するとした。幼稚園や教育機関のほか、建設業や製造業に限り活動継続が認められている。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント