20:06 2020年11月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

世界保健機関(WHO)ロシア支部のメリタ・ブイノビッチ代表は、世界は今、新型コロナウイルスのパンデミックの危機的な段階にあるとの考えを示した。

ブイノビッチ氏は、「世界的に見て、特に北半球ではパンデミックの危機的な段階にある。今後数ヶ月間は非常に困難な状況に陥るだろう。すでに一部の国では厳しい状況にある」と述べている。

「スプートニクV」
© Sputnik / Press service of the Ministry of Health of the Russian Federation
さらに同氏によると、WHOは新型コロナウイルス用ワクチンの平等分配を目指す枠組み「COVAX」により、2021年末までに最大20億回分のワクチンを世界中に配布する。

ブイノビッチ氏は、「WHOは、このパンデミックとの戦いをサポートする安全で効果的なワクチンと医薬品がまもなく世界中で使用できるようになると、慎重に楽観視している。例として、WHOはCOVAXの枠組みを通じて、2021年末までに1種類あるいは数種類のワクチン20億回分を平等に配布することを計画している」と述べた。

同氏は最後に、WHOが推奨するワクチンを摂取する予定であると語っている。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント