13:23 2021年04月12日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 42
でフォローする

新型コロナウイルス拡大の対策が打てない北朝鮮は、中国国境に地雷を配備し、他にも感染の拡大予防に極端な措置を講じている。3日、韓国諜報機関が発表し、聯合ニュースが報じた。

報道では、北朝鮮政府には、破壊的な結末を引き起こすおそれのある新型コロナウイルスに対応するいかなる技術も物理的手段もないという。ウイルスが国内で広がった場合、少なくとも50万人が犠牲になるおそれがある。ところが、北朝鮮は7月半ば、コロナウイルスのワクチン候補を開発し、臨床実験に入ったことを明らかにした

このほか、北朝鮮当局は、コロナウイルスが「侵入」するという恐怖から、韓国をはじめ諸外国からの物資の受け入れをストップしている。また、8月に国境を通じて商品の輸入を許可した当局職員が罰せられている。

7月26日、北朝鮮政府は、国内で初となる新型コロナウイルスの疑いを発表した。それは、新型コロナウイルスの疑いがある人物が韓国から違法に入国し、ケソン市に滞在したというもの。患者は厳格な自己隔離体制に置かれ、それに伴い当局はケソン市に隔離体制をしいた。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 中国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント