20:32 2020年11月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

5日、琉球大学は、来年1月より横浜市立大学などと共同で、新型コロナウイルスの感染患者の重症化を防止する薬の開発に取り組むことを明らかにした。沖縄タイムスが報じた。

報道によれば、新型コロナ感染者で重症化しやすい軽・中等症の患者に対する抗炎症薬として、通風の治療薬である「コルヒチン」の効果を検証する。同大学は、安価で安全な抗炎症治療が可能となることで、患者と医療機関双方の負担が軽減されるとして期待を表明した。

現在、新型コロナウイルスの治療は、主に抗ウイルス薬と抗炎症薬の2本柱で行われるが、抗炎症薬はまだ薬剤もないのが現状。今回の治験では、その開発を目標とし重症化の予防効果を検証するという。

治験は来年1月から5月まで予定され、県内外の約10医療機関に入院中の重症化しやすい軽・中等症の患者ら100人を対象に実施される。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
科学研究, 新型コロナウイルス, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント