13:23 2020年11月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

トルコで新型コロナウイルス用の独自ワクチンの臨床実験の第1段階がスタートした。ファーレッティン・コジャ保健大臣が発表した。

人を対象とする臨床実験の第1段階はエルジェス大学で取り組まれている。

この間、コジャ保健大臣は、トルコでの新型コロナのパンデミックが第2波を迎えたことを明らかにした。4日、新型コロナの感染者数が2391人となり、4月以降最多となった。

また、すでに2種の新型コロナ用ワクチン「スプートニクV」と「エピバクコロナ」を登録したロシアは、この間、新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの混合ワクチンの試験を開始したことを明らかにした。

また「ジョンソン・エンド・ジョンソン」社と「アストラゼネカ」社が、新型コロナウイルス用の独自ワクチンの実験を再開したことを明らかにしている。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
トルコ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント