14:26 2020年11月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 20
でフォローする

エジプトのムハンマド・タジュディン大統領保健顧問は、コロナウイルス感染症が季節性の病気になる可能性を示唆した。5日、エジプトのメディアによるインタビューで述べた。

タジュディン大統領保健顧問は「発病率が消えるということはないが、コロナウイルスは呼吸器系を冒す季節性の病気になる可能性がある。だが、今よりもはるかに軽症で済むようになるだろう」と語った。

同氏によれば、エジプトでコロナウイルスワクチンの第1弾が流通するのは、臨床試験の終了後、2021年の半ばになる見込みだという。

4日、エジプト保健省は国内で新たに207人の新規感染者を発表。同省によると、エジプトでは新型コロナウイルス大流行の開始以来、10万8千人以上が罹患し、約6千人が合併症により死亡した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

 

タグ
エジプト, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント