13:23 2020年11月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

西村康稔経済再生担当相は6日、5日の新型コロナウイルスの新規感染者が全国で1000人を超えたことをうけ、感染状況を把握に努め、対策に万全を期す考えを示した。NHKが報じた。

西村氏は感染拡大について、「全体として、横ばいから少し増加傾向にある。発症日別のデータで見るかぎり東京では大きく増えている感じは見受けられないという意見をいただいている」と語った。また、「感染者の報告数は、週単位で見ていかなければならない。何より、発症日別のデータで分析しなければならず、きのう報告された方がいつ発症しているのか専門家に分析を急いでもらっている」と述べた。

1日当たりの感染者数が1000人を超えるのは8月21日以来。東京都では269人、北海道では119人、滋賀県では21人の感染が確認された。死者数は東京や大阪、愛知など7都府県で合わせて9人増え、1821人に達した。

これより前、琉球大学は、来年1月より横浜市立大学などと共同で、新型コロナウイルスの感染患者の重症化を防止する薬の開発に取り組むことを明らかにした。

関連記事

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント