08:49 2020年11月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)は「深刻な事態」を理由に、中国シノバック(Sinovac)のワクチン「コロナバック(Coronavac)」の臨床試験を一時的に中断した。ブラジルのメディアが報じた。

メディアの資料では、ブラジル国家衛生監督庁(ANVISA)の声明を引用し「ANVISAは「深刻な悪影響」を理由に、中国製ワクチン「コロナバック(Coronavac)」の臨床試験を一時的に中断した」と述べられている。

メディアが引用した声明によると、10月29日、ANVISAは治験者の1人に深刻な副作用があったと通知を受けた。事態の詳細は挙げられていない。

「深刻な影響」とは、死亡あるいは致命的な影響の懸念、障害の発生、入院の必要性、医療機器を介した菌の伝染、臨床的に大きな事件などと考えられる。

「コロナバック(Coronavac)」は、何千人もが参加する臨床試験の第3段階にある。既にこのワクチンを接種したボランティアには、研究者らの監視が続けられている。

先に、英国のアストラゼネカと米国のジョンソン・エンド・ジョンソンによって開発された新型コロナウイルス用ワクチンの臨床試験が中止されている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ブラジル, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント