20:51 2020年11月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

新型コロナウイルス感染者数の急激な増加を背景にロシアの首都で新たな規制が導入された。すべての新しい規制はモスクワのセルゲイ・ソビャーニン市長の指示によって制定され、1月15日まで実施される。

モスクワの大学生らは遠隔授業に切り替えられ、またすでにその体制にある小中学生らに市街地内の移動を制限することが勧告された。

同様に、文化的・社会的生活の分野にも規制が導入される。劇場や映画館、コンサートホールの観客数の規制を含め、観客を動員した大規模なスポーツイベントの開催は当局が許可した場合に限り実施されることになる。観客のともなう文化行事や展示会、エンターテイメント、娯楽イベントは休止される。また、市民サービスを提供するすべての機関に対し、QRコードの登録システムの使用が勧告される。

6日、ロシアでの新型コロナウイルスの感染は記録的増加を示し、1日の新たな感染者数が2万人を上回っている。発症率に関しては、9日には新たな感染者数が2万1798人に達し、10日は2万977人となった。ロシア国内の新型コロナウイルスによる死亡者数は11月はじめから同様に1日当たりの数が記録的な増加を示している。この数日の死者数は368人で、総数は3万1161人にのぼる。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, モスクワ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント