03:03 2021年01月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

睡眠と生体リズムを司るホルモンのメラトニン。米国の研究者らが、そのメラトニンがCOVID-19の治療薬として効果を発揮しうるとして注目している。メディカルエクスプレスが実験結果を引用して報じている。

研究者らはクリーブランド・クリニックの患者データをもとに、こうした帰結にたどりついた。

研究者らは、年齢、人種、悪癖、持病による誤差を除いた後、メラトニンを摂取することで回復のチャンスが30%上がることを発見した。

ただし、研究者らは非常に重要と断って、「この結果は、医師との相談なしにメラトニンの服用を始めるべきということは想定していない」とくぎを刺している。

研究者らはこの先、治療でメラトニンを使った場合の効果を知るには大規模な調査が必要と釘をさしている。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント