14:29 2020年11月29日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 15
でフォローする

米大統領選でマスコミに勝利確実と報じられた民主党のジョー・バイデン氏は、安全性が認められ次第、モデルナ社とファイザー社のコロナウイルス用ワクチンを使用する構えだ。バイデン氏は16日、デラウェア州のウィルミントンで行われた記者会見でこれについて述べた。会見は自身のサイトで放送された。

会見ではバイデン氏に対し、モデルナ社とファイザー社のワクチンが食品医薬品局によって迅速に認定された場合、これらのワクチンを使用する構えはあるのかという質問がなされた。バイデン氏は「間違いなくこれらのワクチンを使うだろう」と答え、人々に「模範を示したい」と加えた。同氏は、これらの会社の専門家と米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長がワクチンの安全性を認め次第、ワクチンを使用すると強調した。

また、バイデン氏は「アメリカ人は今、(現米大統領の)ドナルド・トランプと彼の声明のせいでワクチンに不信感を抱いている」と確信を表明。バイデン氏は、国際社会、他国の指導者たち、そして学者たちが「注意深くこれらの2つのワクチンに目をつけている」と見なしている。さらに同氏は、ワクチンが「最も必要としている人々」に最初に受け取られるべきであると強調した。

16日、米モデルナ社開発の新型コロナウイルスのワクチンは、3万人が参加した第3相臨床試験の結果、94.5%の有効性が示された。また、今月初旬には、米ファイザーと独ビオンテックが共同開発中の新型コロナウイルスのワクチンも、90%以上の有効性が示されている

ロシアの新型コロナワクチン

ロシアは2020年8月11日、 世界で初めて新型コロナウイルスのワクチンを承認した。 ワクチンは「スプートニクV」と名付けられた。

臨床試験はロシア保健省から許可を得たガマレヤ国立疫学・ 微生物学研究センターによって6月から7月に実施された。

「スプートニクV」は多数のワクチン生産で実証済みのプラットフォームを基盤につくられた。ロシア保健省は、これまでに実施された「スプートニクV」の接種により最大2年間の 長期的な免疫ができることが示されたとしている。

ロシア製ワクチン第2号となる国立ベクターセンター開発の「エピワクコロナ」は、今月14日にロシア消費者権利・福祉監督庁に登録された。医薬品登録後調査にはロシア各地域の計4万人が参加する。これとは別に年齢60歳以上の有志150人を対象に試験を実施する。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ワクチン, Moderna, Pfizer, 米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント