13:30 2020年11月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 31
でフォローする

米バイオテクノロジー企業モデルナ株の下落に見舞われた投資家らが2020年に18億5000万ドル(約1929億円)の損失となった。金融分析会社S3 パートナーズのデータを引用しブルームバーグが報じた。中間調査データによれば、同社の新型コロナウイルス用ワクチンでは94.5%の効果が示された。

アナリストによれば、11月第1週で損失は7億9000万ドル(約824億円)となった。今年初めから同社株は400%超の高騰となっていた。

16日、モデルナ社は新型コロナウイルス用ワクチンの臨床実験の第3段階の中間結果を発表した。同社データによれば、その予防効果は94.5%とされた。

11月はじめ、ファイザー社とビオンテック社は、共同開発したワクチンの予防効果が90%であったことを発表した。しかし、同ワクチンはモデルナ社のものとは異なり、非常に低い温度での保管が必要とされる。


ロシアの新型コロナワクチン

ロシアは2020年8月11日、 世界で初めて新型コロナウイルスのワクチンを承認した。 ワクチンは「スプートニクV」と名付けられた。

臨床試験はロシア保健省から許可を得たガマレヤ国立疫学・ 微生物学研究センターによって6月から7月に実施された。

スプートニクV」は多数のワクチン生産で実証済みのプラットフォームを基盤につくられた。ロシア保健省は、これまでに実施された「スプートニクV」の接種により最大2年間の 長期的な免疫ができることが示されたとしている。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
経済, 米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント