09:42 2020年11月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 60
でフォローする

ベルリン中心街で新型コロナウイルスのパンデミック関連の規制に反対する統一行動が行われている。行動参加者らは議会建物に向かうのを認めるよう要求している。警察の情報筋を引用しロシアメディアが報じた。

当局は、官庁街に隣接する大ティーアガルテンのブランデンブルク門からグローサー・シュテルン広場までの範囲で抗議行動を取り組むことを承認している。

人々はぞくぞくと抗議場所に集まっている。デモ参加者らはドイツ連邦議会に彼らが向かうことを認めるよう警察に要求している。これを受けて、広場には警察の部隊が新たに配置さえ、議会に通ずる道路の封鎖を強化している。ロイター通信は、抗議行動には数千人が参加していると報じた

この間、抗議の声を上げた人々はインターネットで新型コロナウイルス関連の規制措置に反対する行動を取り組む予定であると発表していた。11月18日、議会では住民の感染症保護に関する新たな法案の採択が予定されている。法案は、パンデミック時に実施する規制措置の計画でドイツ連邦保健省の権限を大幅に拡大し、今後のワクチン接種センターの機能を調整する。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, ドイツ, 抗議
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント