20:12 2020年11月30日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 03
でフォローする

結婚63年目を迎えたイタリア人夫婦が新型コロナウイルスで亡くなった。2人の死因は新型コロナウイルスだったが、医師が風邪だと誤診をしていた。夫婦は1週間高熱を発したが、医師は結局彼らの往診に来ることはなかった。「l’Eco di Bergamo」紙が報じた。

ヴィンチェンツォ・マリノさん(82)とオリガさん(83)夫妻はミラノ郊外で暮らしていた。彼らは18歳の時に知り合い、1957年にミラノに移り住んだ。9月26日、夫妻は結婚63周年を記念した。

夫妻の孫娘の1人によれば、2人は外出をせず、とても慎重だったという。祖父の方は食品の買い物と薬局にだけは出かけていたが、しかし、それでも2人は感染してしまった。

2人は約10日間闘病し、その間ずっと高熱を発していた。2人には風邪だということで抗生物質が処方されていた。医師が往診に来ることは結局なかった。11日、夫妻は新型コロナウイルスと肺の障害、低酸素血症で入院となった。

病院で2人は別室となったが、しかし、オリガさんは夫が隣にいるように感じるため彼のスーツを持ってくてくれるように頼んだという。数日後、夫婦は1時間差で亡くなった。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
イタリア, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント