03:40 2020年11月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 100
でフォローする

研究者らは、東アジアの住民らにコロナウイルスに対応する特殊なタンパク質があることを発見した。この地域の住民にコロナウイルスに対する適応力が生じたのは2万5000年前で、現在、特定の遺伝性の免疫が存在していることが明らかとなった。研究結果がサイト「bioRxiv」で発表された。

世界のさまざまな民族のプロテオームについて研究しているオーストラリアと米国の生物学者らは、五大陸の26のさまざまな人々の個体群のプロテオームを調査し、コロナウイルス(CoV-VIP)に強く作用するタンパク質を選定した。このタンパク質は、免疫作用に影響し、または、このタンパク質を有する人の細胞の捕獲のためウイルスを利用する。

研究者らは東アジアの住民には42のCoV-VIPのユニークな組合せがあることを発見した。これらは他のタンパク質よりも3倍攻撃的なこの病原体グループに対し作用を及ぼすコロナウイルスに特徴的なものとなる。最古のCoV-VIPの年齢を研究者らは900世代と鑑定した。これは、地域住民のコロナウイルスに対する適応力がはじめて発生したのは約2万5000年前であり、その後、何度か更新がされたことを意味する。

研究者らによれば、コロナウイルスの感染の流行がこの地域で定期的に発生したのは2億5000年から5000年前の期間で、その結果、集団の中にコロナウイルスに対する特別な遺伝的な免疫が形成されたのだという。

研究者らは、彼らによって明らかにされた新型コロナウイルスに対する集団的な特徴が正確な伝染病学的な戦略を発展させ、ワクチンの配給を方向付けし、治療方法を改正させることに役立つことを期待している。

関連ニュース

タグ
科学, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント