09:22 2021年01月28日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 24
でフォローする

米モデルナ社は自社開発のコロナウイルスのワクチンの有効性を94.1%と発表し、感染の重症化を防ぐ上では有効性は100%と太鼓判を押した。モデルナはプレスリリースで、米国での登録申請のための書類提出に入ったことを明らかにした。

3万人を超す被験者に対して実施されたテストでは195人がコロナウイルスに感染。そのうち185人にはプラセボが、残り11人はモデルナのワクチンが投与されていた。この結果からワクチンの有効性は94.1%であることが示された。

感染が重症化した30人は全員、プラセボが投与されていた。本物のワクチンが投与されたグループからは重症者は出ていない。プラセボが投与され、重症化した患者グループのうち、1人はコロナウイルスが原因で死亡している。

これより前、モデルナはワクチンの有効性を94.5%と発表していたが、この際のデータは95人の感染者を基に分析されていた。

こうした一方でブルームバーグは独自にワクチンの需要度別のランキングを発表している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント