09:08 2021年01月28日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

ファイザー社とバイオエヌテック社が欧州連合(EU)で自社の新型コロナウイルス用ワクチンの登録申請を行った。共同記者会見でメーカーは、承認された場合、製薬は欧州で2020年末までに使用が開始される可能性があると発表した。

両社は、欧州の規制機関に提出された臨床試験の第3段階のデータでは、さまざまな年齢やジェンダー、人種、民族のグループに対し95%の効果が示されたと強調。65歳以上の治験者ではワクチンの効果は94%超となった。

発表では、ファイザー社とバイオエヌテック社は、オーストラリアやカナダ、日本をはじめ、世界の他の国々でのワクチンの使用認可に対する申請の準備を進めていることを明らかにしている。10月に両社はすでに米国でワクチンの登録申請を行っている。

11月末、ブルームバーグは需要の高い新型コロナウイルスのランキングを発表した。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
欧州連合, 欧州, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント