11:53 2021年01月17日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

気管支ぜんそく患者は、新型コロナウイルスに感染するリスクが低いことがわかった。この研究は科学系データベース「サイレンスダイレクト」で公開されている。

この研究論文の著者の1人であるユージン・マーゾン博士によると、この結論を説明できる3つの仮説が存在するという。

第一に、アレルギー性呼吸器疾患の患者は、新型コロナウイルスがヒトの細胞内に侵入する際に利用するアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)の受容体の発現が著しく低いことが挙げられる。

第二に、ぜんそく患者の多くは、治療の際に吸入コルチステロイド薬を使用していることから、体内での新型コロナウイルスの複製を抑制させることができる。

また研究者らは、ぜんそく患者が感染しにくいのは、社会的要因も関係していると指摘している。

この点についてマーゾン博士は、「ぜんそく患者らはマスクの着用、ソーシャルディスタンス(社会的距離)、衛生面に関するガイドラインを遵守する可能性が高い」と説明している。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
研究, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント