19:16 2021年04月13日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 43
でフォローする

米国の製薬企業ファイザー社は、2020年末までに予定していた新型コロナウイルス用ワクチンの出荷規模を半分に変更する。テレビチャンネル「フォックス・ニュース」が報じた。

ファイザー社とドイツのパートナー企業バイオエヌテック社は、当初、世界中に自社製薬を1億本供給する計画だった。しかし、現在、この計画は調達に関する問題から最大5000万本に削減された。

ファイザー社のワクチン開発に直接関わった情報筋がテレビ局に語ったところによれば、ワクチン用の一定の初期の原料ロットがすべての必要要件を満たすことができなかったという。現在、状況は改善が図られているが、しかし、同社は年末までに計画されているすべての供給を間に合わせることができない。

その際、同社では来年の新型コロナウイルス用ワクチンの生産計画を変更せず、ファイザー社は2021年に10億本超のワクチンをリリースすることを見込んでいる。

ファイザー社のワクチン

ファイザー社の情報によれば、臨床試験の現段階では製薬の効果が95%超という結果が示された。 同社によれば、ワクチンは2段階で投与がされ、接種後28日で新型コロナウイルスからの予防効果が表れるという。今年末までにファイザー社とバイオエヌテック社は、5000万ワクチンの生産を予定し、2021年にはさらに13億本を計画している。

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント