20:55 2021年03月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

ホワイトハウスは、米国当局がファイザー社のコロナウイルスワクチンを否認したという記事を否定した。米国政府高官が記者団に述べた。

政府代表は「それは間違いだ。我々は今ファイザーと交渉を行っており、公に話すことはできない。だが、すべての米国人にワクチンを接種するのに十分な分量があると我々は絶対に確信している」と語った。

先にニューヨークタイムズ紙は、ワクチンがまだ開発中であった6月に、ドナルド・トランプ陣営が何百万回ものワクチンの投与を拒否したと報じた

ドナルド・トランプ米大統領は8日、米国人へのワクチンの提供を優先することを目的とした大統領令に署名する見通し。政府代表は、他国への支援は米国で希望者全員がワクチン接種を受けた後に可能になると説明した。

ファイザー社のワクチン

ファイザー社の情報によれば、臨床試験の段階ではワクチンの有効性が95%超という結果が示された。 同社によれば、ワクチンは2段階で投与され、接種後28日で新型コロナウイルスからの予防効果が表れるという。当初、ファイザー社とバイオエヌテック社は、今年末までに1億回分のワクチンの生産を予定していたが、原料の供給に問題があったため5000万回分のワクチンを生産する見込み。2021年にはさらに13億本を計画している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント