02:25 2021年07月28日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

新型コロナウイルスの長期的な神経学的合併症が明らかになった。この合併症は中等度の患者にもみられるという。Medicalxpressが伝えた。

マサチューセッツ州 ボストン大学のメディカル・スクールの専門家らは、新型コロナウイルスに感染し、4月15日から7月1日までに病院で治療を受けた患者900人超のデータを研究した。研究では、患者74人に神経学的症状が現れたことがわかった。

患者18人は脳卒中を発症し、15人はけいれんを起こし、26人が錯乱やせん妄(注意力、知覚、思考、感情などの障害を伴う精神障害)を含む脳症と診断された。他の数人の患者には、神経の損傷や運動の問題が生じた。

研究の筆頭著者のプリア・アーナンド氏によると、神経学的問題の一部は過剰な免疫反応に関連しているが、他の問題は患者が経験した危機的状況の結果だという。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント