03:45 2021年01月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 80
でフォローする

ロシアの医学博士で免疫学分野の医師、特に危険な感染症の専門家であるヴラジスラフ・ジェムチュゴフ氏は、オーストラリアの大学とバイオテクノロジー企業が開発する新型コロナウイルスワクチンの臨床試験に参加した被験者の一部が、エイズウイルス(HIV)検査で感染していないのに陽性になる偽りの陽性(偽陽性)の結果が出たことについて、研究者たちの仕事を妨げ、ワクチンに対する信頼を失墜させる可能性があると通信社スプートニクに語った。

先にオーストラリア政府は、クイーンズランド大学とバイオテクノロジー企業CSLが共同開発する新型コロナウイルスワクチンについて、ワクチン接種後に被験者の一部がHIV検査で偽陽性の診断を受けたため、ワクチン5000万回分を10億ドル(約1040億円)で購入する契約をキャンセルした

ジェムチュゴフ氏はHIV検査について「反応は、もちろん、開発に使用されたワクチン原料の成分に左右される。この新型コロナウイルスにはHIV(エイズウイルス)の断片に類似した断片が含まれていることがすでにわかっている。これらは一切危険をもたらさない。これは、すべての酵素、同様の機能を持つ分子、それらが構造的に具合よく配置されていることに関連している」と語った。

たとえば、すべての大腸菌は赤痢と似ており、これは偽陽性の交差反応を起こす可能性を意味しているという。ジェムチュゴフ氏によると、オーストラリアのワクチンにも同様の状況が見られる。

ジェムチュゴフ氏は「彼らのワクチンがHIVを引き起こさないことは明らかだ。しかし交差反応、これは仕事を妨げる。このワクチンに対する信頼を失墜させてしまう。HIVに対する陽性反応もある場合、このワクチンに対する免疫反応をどのように確認することができるだろうか。オーストラリア政府は正しい。私もこのようなワクチンは接種しないだろう」と語った。

関連ニュース

タグ
ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント