01:26 2021年06月17日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

世界保健機関(WHO)はファイザー社が開発した新型コロナウイルス用ワクチンの評価を数週間後に明らかにする。11日、WHO主任研究者のソウミャ・スワミナサン氏がブリーフィングの際に表明した。

同氏は、「私たちは、この数週間でコミッション(WHO)がファイザー社の資料を検討し、独自の意見を公表することを期待する」と語った。

同氏によれば、ワクチン評価に関するWHOのコミッションは最低10メーカーからデータを入手し、第3段階にある製薬の補足的情報にもとづき検討を加えるという。ファイザー社に続いてWHOは今後数週間でモデルナ社の製薬、その後アストラゼネカ社の製薬に関する調査の開始も予定している。

ファイザー社のワクチン

ファイザー社の情報によれば、臨床試験の現段階では製薬の効果が95%超という結果が示された。 同社によれば、ワクチンは2段階で投与がされ、接種後28日で新型コロナウイルスからの予防効果が表れるという。今年末までにファイザー社とバイオエヌテック社は、5000万ワクチンの生産を予定し、2021年にはさらに13億本を計画している。

関連ニュース

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント