11:35 2021年03月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 63
でフォローする

米国の学者らは、実験室における研究で、亜鉛とスズを含む歯磨き粉が新型コロナウイルスを99.9%不活性化するとの結論に達した。研究結果がBritish Dental Journal誌に掲載された。

同研究プログラムの目的は、オーラルケア用品を使って新型コロナウイルスの感染拡大速度を抑制する可能性を明らかにすることだった。

実験では、歯磨き粉が2分間で新型コロナウイルスを99.9%不活性化することが示された。さらに、塩化セチルピリジニウム含有の洗口液が30秒で新型コロナウイルスを99.9%不活性化するという別の研究で引き出された結論も確認された。

「研究結果は、複数の歯磨き粉と洗口液が、口腔内のウイルス量を一時的に減らすことにより、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を引き起こすウイルスSARS-CoV-2の感染拡大抑制に役立つことを示している」と発表された。

実験室における研究結果は、歯磨き粉と洗口液を使用した新型コロナウイルス患者260人を対象とした臨床試験で確認された。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
健康, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント