07:20 2021年01月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 70
でフォローする

世界に先駆けて開発されたロシア製のコロナウイルスのワクチン「スプートニクⅤ」は承認後の治験の最終段階のデータを分析した結果、90%を超える有効性を示した。「スプートニクⅤ」アカウントのツィッターでこの数値が明らかにされた。

​また重症者に対する接種では100%の有効性が確認されている。

ワクチンを開発したガマレヤ記念国立疫学・微生物学研究センターの学術グループのデータは、国際的に権威の高い医学誌「ランセット」に掲載された。


ロシア製ワクチン「スプートニクⅤ」

ロシア保健省は8月に世界に先駆け、ガマレヤ研究所開発のCOVID-19のワクチン「スプートニクⅤ」を登録した。同ワクチンが最も優れた点は安全性、有効性の高さと長期的な視点での否定的影響がないこととされている。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント