03:30 2021年01月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 141
でフォローする

新型コロナウイルスが蔓延しているいずれの国々に対する非難について確証はない。これは、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領が17日の年次記者会見で述べている。

「起源については多くの噂があるが、私は今、全国に向けて、そして全世界に向けてそのことについて話したくない。どの国に向けたものあろうとそれらの非難に関連した確証が何もないのでなおさらだ。」

プーチン大統領は、「犯人を探すのではなく、問題と戦うために力を合わせるという別の視点に今は基づくべきだと思う」と述べた。

新型コロナウイルスに関する相互非難

ドナルド・トランプ米大統領は、新型コロナウイルスのことを「中国ウイルス」と再び発言した。トランプ氏はこの発言を過去に何度も繰り返していることから、中国政府から批判を受けている。

トランプ氏は世界保健機関(WHO)が中国と結託していると非難しており、米上院議員は中国当局が新型コロナウイルスに関する情報を「隠している」と主張している。

一方、中国外務省の華春瑩は先日、米国は世界の中でも新型コロナウイルスの主な発生源になっていると発言した。

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
タグ
ウラジーミル・プーチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント