07:48 2021年01月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 30
でフォローする

クリスマスやお正月のプレゼントは、新型コロナウイルスの運び屋になる可能性がある。ロシアの疫学者、オルガ・ネナスチン氏がスプートニクで語っている。同氏によると、このシーズンのプレゼントを選ぶ際には、特に注意が必要だという。

ヨーロッパ、米国などの国ではクリスマスの時期が目前。ロシアの場合だと年明けにその時期がやってくる。また日本では、年末のクリスマスから正月にかけて人々が集まり、クリスマス・プレゼントやお年玉を渡すようになる。新型コロナウイルスの感染は、ヒトからヒトを通じた経路だけではない。この時期は毎年、世界中で家族、友人、同僚のためにプレゼントを用意するが、その表面にウイルスが付着している可能性について注意を払う必要がある。

ネナスチン氏によると、新型コロナウイルスは紙幣とダンボールの表面で最大24時間、プラスチックや金属製の物体の表面では最大3日間生存できるという。新型コロナウイルスは、プラスチックやステンレスなどの硬い表面でより長い時間生存できることが分かっている。

同氏は、「そのため、ショッピングセンターでプレゼントを選ぶ際には、マスクや使い捨て手袋を着用する必要がある」とアドバイスしている。

以上のことを念頭におくと、ぬいぐるみやプレゼント、クリスマスのオーナメントは新型コロナウイルスの運び屋になる恐れがある。また衣服や寝具など暖かく湿った環境では、ウイルスなどの細菌が繁殖することも少なくない。

医師で免疫学者のウラジスラフ・ジェムチュゴフ氏は、プレゼントを購入後、消毒液で洗浄するように勧めている。しかし、その贈り物が果物や野菜であれば、流水でしっかり洗うだけで十分だという。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント