09:08 2021年01月24日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

ニューヨーク市政府は英国からニューヨークの空港に着陸し、検疫の義務を拒否した市民には1000ドルの罰金を導入した。23日、デブラシオ市長が記者会見で明らかにし、その模様はツィッターを通じて中継された。

デブラシオ市長は「英国からは感染速度の速いコロナウイルスの新たな菌株について、極めて心配なニュースが入ってきている。英国から入国する各市民は健康保健課課長から検疫義務を命じる手紙を受け取ることになる。(中略)命令を遂行しない者には1000ドルの罰金が科せられる。検疫義務を拒否すると毎日この額の罰金を支払うことになる」と述べた。

​デブラシオ市長は、英国からニューヨーク空港に入った入国者は米国での滞在予定地の報告が義務付けられる。この住所情報に基づき保安官らには入国者をひとりひとり訊ねてまわり、検疫義務の遂行状況の確認が義務付けられた。

ニューヨーク市政府はすでに、公衆の場でのマスク着用、社会的距離の遵守に違反した者に1000ドルの罰金を導入している。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
英国, 米国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント