07:26 2021年01月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 16
でフォローする

28日、名古屋市の新型コロナウイルス感染者用の一時入所施設として使用されている東横インで、無症状患者の男性が部屋で死亡しているのが確認された。名古屋市の発表を読売新聞が報じた。

死亡したのは「東横イン名古屋駅南」に宿泊していた60歳代の男性。読売新聞によれば、男性には慢性の心疾患があったものの、重症化リスクはなかった。死亡原因は持病の心臓疾患の悪化とみられている。

東横インは厚生労働省や各自治体からの要請に応じ、海外から帰国者が義務付けられたPCR検査結果が出るまでの待機場所として使われている他、軽症者、無症状者の一時宿泊施設として県や市によって借り上げられている。従来の医療施設の受け入れが限界になったことからこうした方策がとられた。政府機関の指定を受けた患者に限って受入れ、医療体制を整えている。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント