03:26 2021年01月26日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

新型コロナウイルス用ワクチンを接種したイスラエル人男性がさらに1人死亡した。男性は88歳だった。サイト「タイムズ・オブ・イスラエル」が報じた。

サイトは、「イスラエルで新型コロナウイルス用ワクチンを接種した男性が数時間後に死亡した」と報じた。一方、医師らは、患者は健康面で慢性的で複合的、困難な問題を抱えていたと主張している。

28日には75歳のイスラエル人がファイザー社の新型コロナウイルス用ワクチンの接種を受けた後に心臓発作で死亡したことが報じられている。中間調査ではワクチン接種との関連性は指摘されていない。

イスラエルでは国民への大規模な新型コロナウイルス用ワクチンの接種が20日から始まっている。第1段階では医療関係者と当局機関の代表が接種を受けた。彼らは自らが例を示すことで市民らにワクチン接種を呼びかけた。第2段階では、60歳以上の市民とリスクグループの人々がワクチン接種を受けている。

関連ニュース

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント