17:24 2021年01月18日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

世界保健機関(WHO)は、米ファイザーと独バイオエヌテックが共同開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンの緊急使用を承認した。WHOはツイッターに、同ワクチンを緊急使用リスト(Emergency Use Listing)に加えたとする声明を投稿した。

声明では「ファイザーとバイオエヌテックのワクチンは本日、(新型コロナウイルス感染症)発生以来、WHOによって緊急使用のために承認された初のワクチンとなった。世界中の専門家がファイザーとバイオエヌテックのワクチンの安全性、有効性、品質のデータを審査した。彼らは、ワクチンが安全性と有効性の基準を満たし、病気に対処するために同ワクチンを使用する利点が潜在的なリスクを相殺するとの結論に達した」と述べられている。

​緊急使用は、流行と闘うために薬が必要な場合に許可されるが、すべての治験結果はまだ明らかになっていない。

米国で11日、ファイザーとバイオエヌテックが共同開発した新型コロナウイルスワクチンの使用が承認され、すでに接種が始まった。EU諸国では、12月27日からファイザー社とバイオエヌテック社の新型コロナウイルス用ワクチンの任意で無料の大規模な接種が開始された。80歳以上の人々や高齢者施設の居住者および職員は、ワクチン接種キャンペーンの優先グループになっている

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
WHO, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント