17:51 2021年06月23日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 11
でフォローする

米モデルナが開発した抗コロナワクチンの免疫は少なくとも1年は持続するという。JPモルガンが主催するヘルスケア業界の企業や投資家が集まるオンライン年次総会で同社代表が語った。

モデルナのタル・ザックスCMO(最高医療責任者)は発表の中で「我々は抗体を観察しており、最終的に第1、第2、第3と全ての段階で抗体を計測できるようになる。今後数カ月以内に然るべき保護力が生まれると期待しており、抗体のどのレベルで免疫反応を得られるかが明らかになるだろう。ワクチン接種は少なくとも1年は被接種者に作用すると予想している」と述べた。

ザックス氏はまた、新型コロナ変異種は「抗体がウイルスを中和する力を変えるものではない」と言及。同社が使用するマトリックスRNA(リボ核酸)技術はコロナ新株を基にしたワクチン接種に適しているという。一方で現時点では同社は「その必要性を見出していない」とした。

モデルナ社のサイトによると、同社は2021年に6000万から10億回分のワクチン供給を計画している。

モデルナ社のワクチン

モデルナ社は先日、新型コロナウイルス用ワクチンの臨床試験で第3段階が終了したことを発表した。その効果は94.5%とされる

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント