10:45 2021年02月28日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 61
でフォローする

リトアニアの首都ヴィリニュスの医療機関の医師ら79人にコロナウイルスの感染が確認された。同医師らはこれまでにファイザー社とバイオエヌテック社のワクチンの初回接種を受けていた。事態の原因について同機関感染症センター長のリギタ・ヤンチョレナ教授が発表した。

同教授は動画の中で、「このことはワクチンとは関係がないと言える。おそらく、彼らはワクチンの接種の際にはすでに感染していた。登録のためのワクチンの審査を精査すると、ワクチンの初回接種後わずか12日後でリスクが20%下がっていることが明らかになっている」と指摘する。

ヤンチョレナ教授は、ワクチン開発者らによって保証されたウイルスに対する95%の安全性は2回目の接種から7日後には得られていると指摘する。

同教授は、「言い換えれば、研究用ワクチンの接種を受けた80%の人々はそれ以後感染のリスクはない。しかし、95%の効果が表れるのは2回目の接種後となる。ワクチン接種は3週間後とされ、また感染リスクは7日間維持される。接種を受けたのはたった5%でしかない」とコメントした。

サンタラ病院では、ワクチンの初回接種を受けた医師らに新型コロナウイルスの抗体があるか調査することにしている。この検査結果を受け2回目のワクチン接種について決定が行われる。

15日、ファイザー社はノルウェーおよび欧州の他の地域に対し来週から一時的に新型コロナウイルス用ワクチンの供給を削減することが明らかになった。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, リトアニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント