11:15 2021年09月28日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 23
でフォローする

世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルス感染拡大の状況に応じて、国外旅行者に対する免疫パスポート携帯義務の導入を検討する。WHOで緊急事態対応を統括するマイク・ライアン博士が15日の記者会見で発言した。

ライアン博士はブリーフィングで次のように発言した。

緊急事態対応チームが国外旅行者のワクチン接種証明書について発出している勧告をご覧になればわかる通り、そこには「現時点で」と記されている。それはこれが将来的に悪いアイディアになるからではなく、ワクチン接種を受けた人が感染の媒介となるか、そしてそうした人々が再び感染するかについて決定的な証拠が不足しているからである。また、世界的には医療従事者や重症化しやすい市民を除いてワクチンを接種することができない状況にあるからでもある。

また緊急事態対応チームは同様に、ワクチンの生産が増加するまでは、人の移動について追加の規制措置を導入する必要性があるとは現時点で考えていないとも発言した。

さらに「時間と共に状況は変化することから、将来的にはこれ(国外旅行者のワクチン接種証明書携帯義務:スプートニク編集部)を実施する新たな要因が生まれる可能性はある」と指摘した。

関連書類

タグ
WHO, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント