20:36 2021年03月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 14
でフォローする

妊娠を計画している人はコロナワクチンの接種を受けるべきであり、感染した場合に合併症を避けられる可能性が高いという。ロシア科学アカデミー会員で、ロシア保健省産婦人科専門家のレイラ・アダミャン氏が解説する。

アダミャン氏はサイト「ストップコロナウイルス.rf」のインタビューに応じ「ワクチン接種を受け妊娠に備えるべきです。合併症から死に至ることもあり、それを避けるためです」と語った。

同氏によると、生殖器と生殖機能はコロナウイルス感染症の影響を受けやすく、合併症を防ぐとこは必須の課題だという。

ワクチンは不安をもって受け止められることもあるが、現在は戦時中に匹敵する状況だという。

アダミャン氏は「妊娠を計画している、あるいは不妊治療を受けており、体外受精を考えている若い人たちは、妊娠準備(妊娠成功の準備)としてワクチン接種を受ける必要があります」と強調する。

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。 

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント