16:23 2021年03月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 50
でフォローする

米国とスイスの研究者らが、コロナウイルスが完治した人の身体は、残った抗体だけでなく、ウイルスを記憶する細胞により、より長期間、再感染を防ぐことが可能であることを証明した。ネイチャー誌に報告が発表された。

研究者らは感染後1.3ヵ月から6.2ヵ月の87人の完治者を調査し、新型コロナの抗体は時間の経過とともに消滅する可能性があるが、彼らにウイルスを識別する特殊なメモリーT細胞が一定レベルで維持されることを明らかにした。

この細胞は、体内にウイルスが再侵入した際に抗体を再生産する。また、抗体は新型コロナウイルスの変種に対しても耐性をもつ。

これまでの研究結果では、コロナイルスに対する抗体IgM と IgGのレベルは急速に低下し、それがワクチンがパンデミックへの対応で効果がないとの懸念の原因となっていた。しかし、現在、長期的な抗体が他の抗体システムを構成し続けているというデータが増えてきている。

この間、研究者らがコロナウイルスに対する免疫は少なくとも8ヶ月は維持されると発表していた。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント