05:00 2021年02月27日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 40
でフォローする

栄養・生物学連邦研究センターの主任研究員であるビクトル・トゥテリヤン氏は、コロナウイルス用ワクチンの接種前にどのような食事を摂り、その後に何を注意すべきかについて語った。

トゥテリヤン氏は、ワクチン接種前には、たとえば肉や魚、卵といった蛋白質系の食品の摂取を推奨している。

同氏は、「ワクチン接種は特殊な抗体の生産を刺激するために実施される。抗体とは蛋白質で構成されており、そのためとても蛋白質を必要とする」と指摘する。

トゥテリヤン氏は、接種後には体内のビタミンレベルに着目することを勧め、まず全体的な機能の遂行のために必要なビタミンDを上げた。同氏は特に、コロナウイルスに際して多くの人たちには他の脂溶性ビタミンやビタミンDの不足が生じていると強調する。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント