17:10 2021年06月16日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 13
でフォローする

23日のニューヨーク・タイムズ紙の報道によれば、米国疾病予防管理センター(CDC)は、ワクチンに関する推奨事項の変更を行い、患者らに対しさまざまな製薬の接種を許可した。その際、変更に関しては通知は行われず、またワクチンの混合の結果はまだ研究されていないと予告した。

報道では、CDCは22日にサイトで新しい推奨事項を許可したが、特別な通知は行われなかった。この推奨にもとづき、患者は2つのワクチンの間で「特別な状況」の際に米国で承認された1つの製薬を別のものに変更することが可能となる。この場合、同機関は、安全性の問題とワクチンの混合による効果に関しては研究がされていないと指摘した。

CDC代表のクリスティン・ノードランド氏によれば、「その意図するところは、人々に何か別のことを提起するためではなく、医師らに『特別な状況』での柔軟性を提供することにある」という。

関連記事

タグ
米国, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント