13:48 2021年03月08日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 38
でフォローする

ドイツでコロナウイルスワクチン接種を拒否したとして、医療施設従事者数名が解雇された。ビルド紙が報じている。

看護センターのレネ・ウィルマー所長とその妻はコロナワクチン接種を受け、職員にもそれに続くよう呼びかけた。ところが職員のうち3人が接種を拒否、4人が決めかねているという状況に。ウィルマー所長は職員らと会話を重ね、ワクチン接種の資料も配布。最終的に2日の猶予を与え、職員はその間に決めるということになった。

猶予期間が終わり、職員が同意しなかったため、解雇という判断がくだされた。ウィルマー所長は職員が敬意を示さず、所長の話を聞かなかった、ワクチン接種を真っ向から拒否した者もいると話している。

解雇された女性職員は「私はワクチン反対派ではない。さらに考える時間が欲しかっただけ。このようなプライベートな問題に期間を設定されるとしたら悔しい」と語る。ウィルマー所長を法的に訴える構えだ。

ビルド紙はまた、ウィルマー所長にはワクチン反対派から脅迫が届いており、殺害をほのめかすものもあると伝えている。

ドイツでは12月27日から米ファイザー・独バイオエヌテック共同開発ワクチン、米モデルナ製ワクチンによる集団接種が行われている。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ドイツ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント