17:14 2021年10月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

25日、日本の厚生労働省は高齢者への新型コロナウイルスのワクチン接種について自治体への説明会を開き、接種開始から9週間以内にすべての高齢者が1回目の接種を受けられる体制を整備するよう指示した。NHKが報じた。このスケジュールでは3月下旬までに高齢者およそ3600万人へ接種できる体制が確保される。

NHKの報道によれば、日本の選択したファイザー開発のワクチンは3週間の間隔を空けて2度接種が必要となることから、厚生労働省は9週間以内に高齢者全員の1度目の接種を行う体制を整備するよう自治体に求めている。接種原則として住民票を出している市町村で実施されるものの、事情によっては申請すれば別の居住地での接種も可能となる。

厚生労働省の想定では2月下旬から医療従事者への優先的な接種が開始され、3月中旬をめどにおよそ370万人を接種できる体制を整える。

ワクチンの数の確保については、酒井官房長官は先の21日の記者会見で、「6月までに接種対象となる全ての国民に必要な数量の確保は見込んでいる」と明言したものの、菅首相は25日にこれを訂正し、確保を「目指している」とした。


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
日本, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント