05:28 2021年06月25日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米ウィスコンシン州にある非営利のヘルスケア団体「アドボケート・オーロラ・ヘルス」の元職員がモデルナ製の新型コロナワクチンおよそ600回分を故意に棄損したとされる事件で、元職員のスティーブン・ブランデンバーグ容疑者は罪を認めると述べた。米法務省が明らかにした。

薬剤師のブランデンバーグ容疑者はモデルナ製を始めとするワクチンは有害であるとして、ワクチンそのものに疑念を持っていたという。同僚などにも、過去2年にわたって、ワクチンに対する自身の信念を語っていたとのこと。

ブランデンバーグ容疑者は故意にワクチンを棄損し、人々の健康に危険を与えた罪に問われており、10年の禁固刑が言い渡される可能性がある。

12月31日、ウィスコンシン州の治安維持機関が薬剤師を拘束したことが報じられている。この薬剤師はモデルナ社の開発した新型コロナウイルス用ワクチン500本超を故意に棄損した。

棄損された一連のワクチンの総額は約8,000ドル(約82万円)から1万1,000ドル(約113万円)と見積もられる。

ブランデンバーグ容疑者は2度の夜間の勤務中に、冷蔵庫に保管してあったワクチンの入った箱を取り出し、数時間外に出したあと、翌日の接種に使用されるように元に戻した。少なくとも57人が、この箱に入っていたワクチンの接種を受けた。

治安機関によれば、元職員は新型コロナワクチンは「人体に害を与え、DNAを変える可能性がある」とする「陰謀論」の支持者だったことを明らかにしている。

先に、米国で清掃員のうっかりしたミスでモデルナ社製の新型コロナウイルス用ワクチン約2000本が台無しになったと伝えられていた。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント