21:28 2021年03月03日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 10
でフォローする

スペインの研究チームは26日、新型コロナウイルスの感染初期、舌や手のひら、足の裏に異常が発生する可能性があることを指摘した報告書を公表した。時事通信が報じている。

スペインの研究チームが、昨年4月に首都マドリードの医療施設を利用した計666人を対象に調査を行った結果、感染者4人のうち1人が舌に、10人のうち4人が手のひらまたは足の裏に異常を感じたという。

舌の異常を訴えた患者には、舌の腫れや斑点の出現といった、味覚症状をきたす「コロナ舌」とよばれる症状がみられた。また、手のひらや足の裏に異常がみられた患者は、手のひらの赤色への変色や灼熱感のほか、小さな染みが確認される場合もあったという。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント