01:08 2021年06月19日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 05
でフォローする

統合失調症スペクトラム障害の患者は、精神障害がない人と比べて新型コロナウイルスで死亡する可能性が約2.7倍高いことが分かった。この研究結果は、学術誌「JAMAサイキアトリー」に掲載されている。

研究者らが、米ニューヨークの精神疾患の患者2万6540人の医療記録(2020年3月から5月のもの)を調査したところ、そのうちの7348人が新型コロナウイルスに感染していたことが分かった。そこで研究者らは、精神障害のある患者を統合失調症スペクトラム障害、情動障害、不安障害の3つのカテゴリーに分類し、精神疾患を持つ新型コロナ感染者の死亡者数と、そういった疾患をもたない感染者の比較を行った。

すると、精神疾患がある感染者(7000人以上)のうち、統合失調症スペクトラム障害は75人、情動障害は564人、不安障害は360人であることが分かった。さらに精神疾患がある感染者864人は、新型コロナ感染の診断後の45日以内に死亡またはホスピスに入院していたことが分かった。

統合失調症スペクトラム障害を持つ患者について、性別、年齢、人種などの既知の危険因子を調整したところ、新型コロナで死亡する確率が精神疾患のない人よりも約2.7倍高いことがわかった。しかし、情動障害や不安障害の患者に関しては、新型コロナウイルスによる死亡との関連性は見いだされなかった。

関連記事


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント