14:10 2021年03月05日
新型コロナウイルス
短縮 URL
0 01
でフォローする

米製薬会社ノババックスは28日、同社が開発した新型コロナウイルスワクチンの有効性が89%以上を示したと発表した。

ノババックス社は「開発中の新型コロナウイルスワクチンが、英国で行われている臨床試験の第3段階で89.3%の有効性を示した」とウェブサイト上で発表した

一方、別の変異株が流行している南アフリカで行われた臨床試験では、有効性は49.4%にとどまった。その際、HIVに感染していない試験参加者に対する有効性は60%となった。

ノババックス社は、ドナルド・トランプ前米大統領政権の「ワープ・スピード作戦」の一環として、ワクチン研究のために最大16億ドルを受け取っている。

ノババックス社の臨床試験は、英国、米国、メキシコ、南アフリカで行われている。

ジョー・バイデン大統領は26日、新型コロナウイルスのワクチンについて、追加で2億回分のモデルナ及びファイザーのワクチンを購入する意向を示している

関連ニュース


スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
米国, ワクチン, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント